離婚

離婚話でトラブらないために

離婚の上手な切り出し方は、
気持をしっかり整理し、感情的にならないことです。

 

切り出すタイミングも大事で、相手が忙しい時期は避けましょう。
事前に気持を整理しておいて紙に書き出しておくのも一つの手です。

 

箇条書きでリストアップしていけば、冷静に考えるきっかけにもなります。

 

話を切り出す時は、最大限に相手に対して配慮し、
感情的にならないようにしましょう。

 

パートナーが普段、温厚な人でも、離婚はデリケートな問題なので、
思わぬ行動を取り事件になることもあります。

 

離婚話をする時は、落ち着いて話す必要があり、
相手が怒ってしまうかもしれないことを想定して、
冷静に対処することが大切です。

 

また、話を切り出す場合、今後の夫婦のあり方について
真剣に考えているということを相手に伝えるようにすることが重要です。

 

そして、相手を侮辱するようなことは決して言わず、
相手の気持ちを聞くことも大事です。

 

離婚の上手な切り出し方としては、
以前から離婚を考えていたのだけど、
落ち着いて今後のことについて話しあわない、
と言う風なライトな感じで切り出すとよいでしょう。

 

その際、わざとらしくない程度に褒め言葉を交えると効果的です。