浮気調査 費用

気になる浮気調査の費用・・・相場はいくら?

 

・・・こんな悩みを抱えていませんか?

 

浮気調査の費用を抑える方法

 

探偵には、パートナーの浮気の証拠をつかむために、
浮気調査を依頼することができます。

 

浮気調査を探偵に依頼するのであれば、
探偵に支払う費用が必要になりますよね。

 

どうしても高額な浮気調査の費用を支払う必要が出てきてしまうのです。

 

ですが、

 

「できるだけ浮気調査にかかる費用を少しでも抑えたい・・・」

 

と、みなさん思っていることでしょう。

 

では、浮気調査にかかる費用を抑えるためには、どうすればよいのでしょうか。
それは浮気調査にかかる期間を短くすることです。

 

パートナーが浮気をするだろう日を絞って、
短期間で浮気調査を探偵に依頼すれば、
費用を抑えつつ、効率よく浮気調査をおこなうことができるんです。

 

浮気調査にかかる費用って、
期間が長くなればなるほど費用もたくさんかかってきてしまうんですね。

 

なので浮気調査にかかる費用をおさえたいのであれば、
浮気調査にかかる期間を短くすればいいんですね。

 

そのため、探偵事務所に依頼する前に、
パートナーの行動パターンを把握して、

 

「この日に夫(妻)は浮気をするだろう・・・」

 

という日を絞っておくことが大切なんです。

 

最初に探偵事務所に無料で相談をおこなうことができるので、
その際に浮気調査の費用についての確認もしておきましょう。

 

証拠を確実に集める方法。それはプロの探偵に依頼すること

 

「自分では夫(妻)の不貞の証拠を掴めるか、自信ない・・・」
「つい相手を問い正す、という失敗を犯してしまって、相手のガードが硬くなっている状態だ・・・。」

 

・・・そんなときに頼れるのが、浮気調査のプロ、探偵です。

 

探偵というと馴染みがなく、馴染みが無いイメージが有りますが、
昨今では浮気調査のため普通に利用している人が多いです。

 

「浮気調査のために探偵を雇う」、となると、
どうしても高額な費用がかかってしまうイメージが付きまといます。

 

しかし、実はそう高い費用がかかるわけでもありません。

 

浮気調査専門の原一探偵事務所なら、費用がお得!

 

原一探偵事務所なら、まずは電話相談が費用無料で、年中無休でできます。

 

最初のハードルが低いので、
浮気調査の費用等を踏まえ充分に検討した後に、
依頼するかどうかを決定することができます。

 

もちろん、契約を迫ったりというようなしつこい勧誘は絶対にありません。

 

また、原一探偵事務所は浮気調査専門のため、
依頼した場合には、他の探偵社と比べて費用を抑えつつ、
低料金で高い調査力を存分に発揮してもらえます。

 

 

証拠集めに関しての浮気調査費用も、
このサイトから無料相談を行った人限定で、基本料金が半額になります。

 

 

原一探偵事務所の無料相談の流れをみてみましょう

 

 

裁判でも通用する、パートナーの不貞行為の証拠の条件

不貞行為の証拠は、どんなものが必要なのでしょう。

 

不貞行為の証拠は、確実なものでないといけません。
たとえば、ラブホテルに入る現場の写真や映像などです。

 

裁判などで慰謝料請求のための証拠となると、
一度のラブホテルの利用だけでは厳しいものがあります。
決定的な不貞行為の証拠が必要になるのです。

 

1度のラブホテルの利用は、疑惑にはなりますが、
家にいづらいので安いところで眠っていたと言われれば、
確実な不貞行為の証拠となるかどうかといえば、難しい面があります。

 

不貞行為を根拠として慰謝料を請求する場合は、
探偵に頼んで交際相手と一緒にホテルに入るところ、
出るところなどを撮影してもらわないと厳しいものがあり、
その際、交際相手の身元もはっきりさせておく必要があるでしょう。

 

パートナーの不貞行為を立証するには、
相手が特定できないようではダメで、推測の域にしかなりません。

 

不貞行為の証拠を元に慰謝料を請求するには、不倫相手を確定させるべきで、
不倫現場の決定的な写真を撮り、相手を確定すべきです。

 

実際に不貞行為の証拠となった例としては、
数回のラブホテルの出入り写真や動画、性行為が確認できる写真などです。

 

携帯電話に残された異性とのメールや写真、ラブホテルのポイントカード、
ホテルの領収書、周囲の目撃情報や噂などは証拠にはなりません。

 

証拠もなしに、相手を問い詰めたら絶対ダメ!

人間の勘は、よく当たります。

 

夫(妻)の不倫を疑っている・・・という場合、
なんと8割以上クロ、というデータが出ているようです(探偵社調べ)

 

しかし、だからといって、焦ってしまってはいけません。
やってはいけないこと、それは証拠もなく、相手を問い正すこと。

 

これは、やってはいけない間違いです。
後々、自分が不利になってしまう行為だからです。

 

夫(妻)が浮気をしていたとしても、
真正面から問い正してしまっても、白状するとは限りません。

 

証拠がない以上、シラを切られたら、そこで終わりなのです。

 

夫(妻)が、前もっていくつか用意しておいたウソやアリバイ工作でシラを切り通された挙句、
「今度からは疑われないように、もっと上手くやろう」と、
なおさらガードが硬くなってしまうのです。

 

夫(妻)の不倫を証明するためには、
客観的な不貞行為の証拠が必要になるのです。

 

自分で浮気の証拠を集める

後々、離婚の裁判でシロクロつけるにしろ、慰謝料請求で示談にするにしろ、
不貞行為の証拠は確保しておくことが必要です。

 

とはいっても、自分でパートナーの不貞行為の証拠を集めるのは、
かなりハードルが高いと言わざるを得ません。

 

感情的になってしまい、カッとなってつい真正面から問い正してしまった・・・
途中で相手に気づかれてしまい、尻尾を出さなくなった・・・
浮気の証拠をおさえる方法が分からず、夫(妻)がそのまま野放しになってる・・・

 

・・・そんな致命的な失敗を犯してしまい、
後々、自分に不利になってしまうケースはいくつもあります。

いちご鼻を治す方法